フリーランスが感じるギャップ

IT企業で働いているエンジニアの中には、近い将来フリーランスへの転身を考えている人も少なくありません。そこで、新しい働き方を選ぶ際にギャップを感じることがないよう、準備期間をしっかりと設けることが大切です。特に、仕事を自分の手で獲得する際にはある程度の営業力やコンピュータスキル、プログラミングスキルなどが要求されることもあります。場合によってはIT企業にサポートを依頼したり、クラウドサービスを有意義に活用したりすることが有効です。

業界内で需要の高いプログラミングやシステム開発などの仕事は、単価が高めに設定されていることや案件数が多いことなどから、在宅で仕事を請け負っているエンジニアにとって高収入を得やすいメリットがあります。たとえ自分で営業をかけることが苦手だというフリーランスでも、エージェントを利用することで自分が今持っている技術に最も適した案件紹介をしてくれるため、無理なく活躍することも叶うでしょう。

もしも、業界内で求められているサービスの種類について詳しく知りたいことがあれば、各地でフリーランスが多く集まる交流会に参加をしたり、定期的に常連のクライアントから情報を仕入れたりすることがおすすめです。また、仕事の獲得方法を正しく理解するには、長い時間がかかることもあるかもしれません。しかし、できるだけ専門的な分野の実績を上手くアピールすることで、より多くのクライアントに興味を持ってもらうことができるはずです。